引越しで多くの人が忘れてしまう手続きは運転免許証の住所変更

引越し作業は何かと忙しいものです。ついついものを新居へ運ぶことばかりを考えてしまい、住所が変更することに伴う手続きを忘れてしまいがちです。

多くの人がついつい忘れてしまう手続きは何といっても「運転免許証の住所変更」でしょう。

 

住所を変更しなくても使えてしまうために怠ってしまいがちです。

しかし運転免許証は身分証明にもなる大切なものですので、迅速に住所変更しておくべきものです。

 

また郵便局への転居届けも非常に重要です。

意外なことですが郵便局への手続きを忘れてしまい、郵便物が長い間届かないのをおかしく感じてようやく転居手続きをしていないことに気づくというケースが多々あるようです。

 

また友人や親族に引越したことを知らせるお知らせハガキの送付も忘れがちなことの一つです。

ハガキでなくてもよいので、メールなどを通して引越したことを知らせるのは重要です。

 

その他にも新聞や牛乳など定期的に配達されるものがあれば、住所変更のお知らせをしなければなりません。

よく考えれば住所変更を知らせなければならない人はたくさんいるのです。

 

たいていの場合、毎月定期料金を引き落としで支払うものに関しての手続きはしっかりとなされるようです。

なぜなら銀行口座を見る機会は意外と多く、引き落とされている金額を見て解約していないことにすぐに気づくからです。

しかしお金の関係していないものに関する手続きに関してはついつい忘れてしまう傾向にあるようです。