岐阜駅の北側に商店街が広がる

岐阜市で最大の繁華街は岐阜駅の北側にある柳ヶ瀬というエリアです。
高島屋やドン・キホーテといった大型商業施設があり買い物に便利です。
大型店以外もレンガ通り、日ノ出町通り、柳ケ瀬本通りという3つの大きな通りにかけて商店街が広がっており
アーケードに個人商店が軒を連ねています。

 

ここではサンデービルヂングマーケットというイベントを毎月1回開催しており非常に賑やかな街です。
日用品の調達で困ることは無いでしょう。
居住地区としてはそこから少し離れた若宮町通り以北になります。

 

繁華街と近くながらも、周囲に岐阜市役所や警察署があるため治安も良好です。
若宮町であればJR岐阜駅まで徒歩20分弱、名鉄岐阜駅まで徒歩10分強という物件もあり交通の便も非常に良いです。

 

ここであればマイカーを持たなくても、徒歩、自転車だけで日常生活をおくることができます。
JR岐阜駅の北側にはバスターミナルがあり40路線がここに乗り入れているので市内のほとんどの場所に行くことが可能です。

 

JR岐阜駅の南側には清水緑地という自然公園があり、こちら側も住環境としては良好です。地区名で言うと加納という場所になります。
場所によってはJR岐阜駅と名鉄加納駅の2路線へ徒歩でいける物件もあるので交通の便では劣りません。
北側ほど商業施設はありませんがバローやゲンキーといったスーパーやドラッグストアがあります。

 

注意点としては、駅の南口から西の方向へ歩いてすぐのところに金津園という西日本最大級といわれる風俗街があることです。
そのため駅の南側周辺はあまり治安が良いとは言えないかもしれません。

静かに住める岡田下岡田は木造アパートの賃貸料が安くて住み易い

長野県なら岡田下岡田が交通の便でも、毎日の生活をするうえでも住み易いですよ。松本市の岡田下岡田なら、敷金や礼金が0の賃貸アパートのレオパレスが色々あります。



お金をかけずに、すぐに住みたい人にピッタリ。この賃貸アパートは、3万円台からあり、長く住むことで、もっと家賃が安くなる割引サービスもあります。保証人も不要なのもいいところ。

 

岡田東区には、松本駅からバスで20分、松岡下車より5分ほどの場所にあります。木造建ての3万円から4万円台の賃貸アパートが多い特徴があります。品のいい外観のアパートばかりで、周りは高い建物もなく、見晴らしのいい場所です。



賃貸マンションは5万円から6万円という物件が多く、6万円以下でも3DKもの広い賃貸を借りることが出来るのも魅力的。

田んぼからは虫のかわいい声が聞こえるような場所ですから、仕事で疲れて帰ってきたら、ゆっくりと休める場所です。窓からは美しい夕日が、夜は星空を楽しめます。



そんな岡田下岡田8番地には、大型のスーパーがあります。地元との食材を使った惣菜が安く買えるのが嬉しいところ。まこもだけのかき揚げなどは、なかなか他の場所では食べれないお惣菜です。



松本駅から岡田下岡田まで、24時間営業のコンビニが多くあるので安心。特に、ファミリーマートが多い特徴がありますね。北松本店や岡田店など。他にもセブンイレブンやローソンも点在し、便利。

注意点は、松本駅から岡田下岡田方面へと行くバスが、1時間に2本から3本程度となるところです。

新潟市に住むなら中央区が便利

新潟市中央区は新潟駅を中心にコンビニやスーパーなど様々な商業施設があるため、中央区はオススメです。中央区の万代シテイには、ラブラ万代やビルボードプレイスといったショッピングモールや伊勢丹があり、若い人からお年寄りまで楽しむことができます。中央区は電車やバスなどが多いので交通の便も良いです。

 

しかし中央区に住むとなると、他の地区に住むのに比べると少し家賃は高くなります。西区や江南区などは中央区に比べて家賃が安く、スーパーなどもあるため便利です。中央区程交通の便が良くないので、車があると移動が楽で良いと思います。

 

住む場所の選び方については、やはり中央区や中央区に近い場所が良いと思います。中央区は様々な商業施設があるので、住みやすいです。車がない人であれば、中央区内の家賃の安いところ、もしくは西区や江南区の駅の近くを探すと良いと思います。

 

中央区内や駅の近くであれば交通の便も良いため、車がなくても不便なことが少ないです。車がある人なら、中央区は少し家賃が高くなるので、西区や江南区で探すと良いと思います。西区や江南区にも、イオンなどの商業施設があるため、車のある人は困りません。

 

まとめると、新潟市内で都心部は中央区の新潟駅周辺なので、中央区や中央区に近いところが良いです。中央区内は家賃が高く、西区や江南区は家賃が安いです。車がない人は中央区、車がある人は西区や江南区がオススメです。なので家賃の条件や車の有無によって住むところを探してみると良いと思います。

仙台にすみたい!

宮城県仙台市は自然が豊富で、ご飯も美味しく、市内も栄えています。

しかしながら、やはり震災の被害や復興、安全においても住むのであれば気になります。

そんななかでも泉区は住みやすい町として人気です。

・泉中央駅

地下鉄の始発駅なので栄えている仙台中心部へのアクセスに対して利便性が良いです。

都会的でショッピングもしすく、飲食店も多いので活気がありますが、チェーン店が多いのが残念です。

駅から徒歩圏内で公園や住宅地、スーパーなどの大きな商業施設が多く、家族で住むにはとても住みやすいです。

泉区は高台の土地も多いので、海からすぐというわけではありません。

昔ながらの街でありながら、比較的道がかなり広くなっていて、しっかりと区画整備もきちんとされているので、よほどのことがない限りは交通の面では心配不要です。

・黒松駅

子供がいるママにはオススメです。

なぜなら市民センターや児童館などが近くにあり、利用しやすく、出会いも生まれやすいです

駅近にコンビニやスーパーもしっかりとあるので買い物にも困りません。

あえていうと遊べる公園がなかなかないので、思いっきり遊ばせるときには遠出が必要です。

・八乙女駅

地下鉄の駅があり、駅近郊にスーパーやコンビニがあります。

さらにホームセンターなどもあるので住むには色々と揃えやすいです。

車にのれば北環状線や4号線でどこにでも行けるので、冬場にはスキー場も割と近場にあるので冬もたのしめます。

このように駅ごとでみても色々とあります。

札幌市中央区は住みやすいエリアです

北海道の都心部で生活されるならば、札幌市中央区で生活されることをお勧めします。札幌市は北海道経済の中心地であり、札幌市のなかでも中央区が中心となっています。

 

大企業の多くが札幌市に営業所や支社を設置していますし、北海道庁や札幌市役所も中央区に立地しています。このため、東京都心部や大阪からの転勤族や出張族と呼ばれるビジネスマンは、札幌市の中央区内でビジネス活動をしており、賑わいを見せています。

 

とくに中央区には、複数の大手家電量販店や百貨店、スーパーが出店していますから、買い物に不便することはありません。そして道路は碁盤の目のように整備されていますから、道に迷うことはありません。そして中央区に居住していれば、冬の大雪の季節でも地下鉄や地下街を利用することができますから、交通の便や買い物の面で不便を感じることは少ないです。

 

実際に、独身の女性が一人暮らしをすることを前提に考えると、マンションのエントランスにオートロックが設置されている分譲賃貸マンションが望ましいと思われます。そのほうが外部の人間や不審者が、勝手にマンション内に入ってくることは難しいためです。

 

中央区では、ワンルームの分譲賃貸マンションは多く供給されていますので、家賃は低いです。築20年のマンションで、広さが20平方メートル程度ならば、管理費込みで月額2万5000円程度で借りることができます。この金額の月額賃料ならば、毎月の手取り収入が15万円程度でも、十分ゆとりのある生活を送れると思います。

茨城に住むなら取手やつくば、次に水戸がおすすめ

水戸は茨城の中では開けている方で店も多くありますが、水戸駅そのものから徒歩圏内でないと生活に便利とは言い難い部分があります。

家賃は水戸駅から徒歩10分圏内で3万円近辺のアパートはいくつか検索できるはずです。東京までは常磐線の特急で1時間20分程度とかなり遠く、普通運賃だけでも2000円以上かかってしまうので注意が必要です。

 

取手駅は水戸駅近辺ほどではないですが十分に開けているところで、水戸駅と比べてだいぶ都心に近いところが利点で、東京駅までは常磐線一本で普通料金の列車で54分、720円でいけますし、家賃に関してもワンルームで徒歩10分圏内で3万円台から探すことができます。

 

つくばエクスプレス終点のつくば駅周辺もかなり開けているところで大型スーパーなどもあります。

こちらはつくばエクスプレスを始発から利用できるため着席したまま都心へ行けるというメリットも有り、つくばから秋葉原までは45分の所要時間となっていて、運賃は1190円となっています。(私鉄一本で秋葉原へ来ているためほかへ足を伸ばすと運賃は初乗りのためやや上がります)家賃はつくば駅から20分圏内のところで2万円程度とかなり安くなっており、家賃をもう少し高めに設定して駅に近づけることも可能でしょう。

 

水戸と取手の中間的な案としては土浦があります。水戸や取手よりは都市規模が小さく、東京まで1時間10分1140円で家賃は2万円台からあり、近隣の荒川沖は更に安くなっています。

住みやすい荒川区と東京に住む際に住宅を選ぶ注意点

東京は便利な所であるのですが、都心であればあるほど家賃は高くなりがちです。そのために安く住むためには多少都心から離れた方が良いことが多くあります。しかし東京は交通なども良く、どこにいても意外と都心には行けるような環境でもあるのです。

 

そこで安くて住みやすさを併せ持つのが荒川区で、西日暮里を中心にどこかに行くことが出来る所に住めばどこでも行けるようになっています。西日暮里には都心を周回している山手線があるので、そこから東京駅から新宿、上野といった東京を代表する都市に簡単に行けるようになっているので、ほぼ都心をカバーすることが可能です。

 

東京以外の都心でも京浜東北線を利用することで埼玉や横浜といった他県の都心部分にもこれに乗るだけで行くことが出来るようになっています。また、区内においてもショッピングセンターなどがあるために、日常の買い物には問題なく利用することが出来るようになっています。

 

東京は近代化が進んでいますが、荒川区には都電などもあるので昔ながらの情景などを楽しむ所が出来る所もあります。そのためにいつもと違った風景を楽しむことが出来たりするなど、若い方からは斬新なものに感じ、年配の方でも懐かしい風景などを堪能することが出来る所であるのです。

 

しかし東京には多くの住みやすい地区があるのですが、中々安い所を見つけるのが難しいために、都心ではなく多少遠目で見つけるのも良いものとなっています。注意点は人口も多いので電車や車の場合には混むことも多いので気を付けることですが、どこも住みやすいので色々な所を見ると良いでしょう。

バスを利用すると賃料も抑え目の地域が便利です

鷹匠、豊原、日吉町、音羽町などの地域は、静岡市内では駅にも近いので、通勤などにも便利な地域です。

豊原だと、駅から歩いて帰ることもできる距離なのでたいへん便利だと思います。

 

ただ静岡駅の周辺の繁華街には、休日にたくさんの人が集まって来る傾向があるので、道も混んだりします。

休日はのんびりしたいという人にはあまりお勧めできません。

 

その点、少し駅から遠くなりますが、手越原や千代田のあたりであれば、15分くらいバスに乗れば静岡駅まで出ることができます。

このあたりであれば、賃貸マンションや賃貸アパートなども比較的手頃な賃料になり、休日ものんびりすることができます。

 

自動車に乗るのであれば、千代田はバイパスが近くて便利です。

手越原は買い物に便利なホームセンターが近くにあって、引っ越しをしてからも、日用品などいろんな物を買いに行きやすくて便利です。

 

もし大学生で静岡大学に通学する予定があるという場合には、大谷に住む学生が多いようです。

古くからの賃貸などがあるので、お洒落な感じではなくても家賃が安くて済むという点でお勧めです。

 

どこでも主要な駅のすぐ近くの賃貸は高くなってしまうので、便利な分住居費にかかってしまいます。

 

静岡市はバスが便利なので、上手にバス便を利用すれば、住居費がかからない地域でも便利に住むことはできます。

静岡では、できれば軽かバイクを持っていると、生活の小回りがきいて、より便利に生活ができます。

千葉の中では西船橋がおすすめの理由

千葉で賃貸をお探しならば、西船橋にある物件などはおすすめです。なぜなら、そこは交通アクセスなどの魅力があるからです。

 

ご希望の都心に近いエリアとなると、千葉の中では西船橋はとても優れています。千葉と言っても様々な区画はある訳ですが、中でも西船橋などは千葉の各地に対する交通手段がとても発達しているのです。各電車で移動するにも便利ですし、道路状況などもかなり発達しています。

 

また東京エリアに対するアクセスも、かなり充実しているのです。西船橋から東京には、それこそ電車1本で簡単に行く事ができます。都心に近いというご希望条件ならば、やはり西船橋はおすすめです。

 

それと西船橋には、お店の充実度に関する特徴もあります。暮らしやすい物件を探しているとなると、お店が多いかどうかも軽視はできないでしょう。西船橋というエリアは、千葉地域の中でもかなりお店が充実しているのです。

 

駅の構内だけでも相当な数のお店が入居していますが、駅周辺などにはかなり多くのお店が立地しています。千葉エリアの中では、かなり暮らしやすいと言えるでしょう。日常生活で必要になってくる物品などは、大抵は駅周辺で取り揃える事が可能です。

 

ただし便利な分、西船橋地域は若干家賃は高めになってきます。やはり便利なエリアとなると、家賃が高めになる一面は否めません。しかし都心に近い物件をお探しのようなので、家賃が妥協できるようなら、西船橋はおすすめと言えます。

静かで便利な牛田地区がおすすめ

広島の中心地からそれほど離れていない場所に、牛田と呼ばれる地区があります。その地区は、静かな住宅地と言ったところです。広島は、中国地方に位置し、その中でも広島市は大きな都市。

 

その中心地といえば、八丁堀と呼ばれるところになるのですが、そこまで行くと行政などすべてが整っています。しかしオフィス街であるために生活するには少し不便があるのですね。また子育てをしようと思ったら、子供が安心して出歩けるか心配なところです。

 

そこで注目したい場所が牛田地区なのです。広島市内はアストラムラインという電車が走っています。牛田からはこのアストラムラインを使用すると約10分で行ける距離なのですね。またバスを利用して広島駅までも5分で到着するため、ビジネスマンで通勤する人、また電車通学をする学生などにも便利な場所なのです。

 

また町全体が、住宅地なので、公園など子育てに良い環境が整っています。また太田川という大きな川もあり、自然も楽しめます。子育てに必要な学校環境や保育所なども整っているので、広島県に引っ越すときには、おすすめです。

 

気になるのは、お買い物ですが、スーパーもあるし、商店街もあるので、不自由することはないでしょう。商店街は地域に密着したものなので、引っ越していくと物珍しさもあり楽しめること間違いなしです。都会も近く、適度に自然もあるので癒されることもできる、そんな環境を求める人にとっては牛田がおすすめです。