急いでいる時ほど忘れやすい電気・水道・ガスの住所変更手続き

物と人の引越しだけでは済まないのがお引越しです。

 

慌てて急いでのお引越し。家の中のモノや家族はまるごと引越し先へ持って行けますが、そのままでは使えなくなってしまうものがあることにお気づきでしょうか。

 

急いでいる時ほど忘れやすい、それが「電気・水道・ガスの住所変更」手続きです。

インターネットや電話などもすぐには使わないだけに忘れがちなのではないかと思います。

 

しかし、モノや人のお引越しより、簡単に手続きができるのもこれらのサービスの特徴なのです。

多くのものは引越しのひと月前から、現住所での停止、新住所での利用再開の申し込みを行うことができるんです。

電気や水道、電話などがこれに当てはまります。遠方への引越しになり、電気等を取り扱う会社が変わる場合は、停止の申し込みだけでなく、新住所での取り扱い先での利用の申し込みも前もって行うようにしましょう。

ガスの場合は、多くの場合、立会での開栓手続きが必要となりますので、日時をよく考えて申し込むことが重要です。

 

しかし、ほとんどのサービスは電話やインターネット上でそれらの申し込みを受け付けていますので、荷造りの合間に手続きを済ませることができますよ。

 

例え急なお引越しであっても、まずは引越しの日と新しい住居への入居日を確定させておきましょう。それさえわかれば、生活に必要な電気等のサービスは前もって利用する手続きを行うことができますので、安心してお引越しができますよね。

あとは単純にモノを詰めていくだけ、と考えれば気持ちは随分と楽になるのではないでしょうか。