福島のいいところ

私が思う、福島県で住むのにおすすめな場所は、県庁所在地の福島市です。田舎の方にも自然の景色や空気がおいしいなど素晴らしい点がありそうなのですけど、なんと言えども生活環境の利便性を無視してはいけないと思います。

 

そこでおすすめなのが人口が集まって便利な環境が整った県庁所在地である福島市です。日々様々な出費で銀行や郵便局のATMや窓口を利用することでしょうし、食料品や雑貨などのお買い物にはスーパーマーケットやコンビニエンスストアが近くにあるところがいいでしょう。

 

偶に大きいレストランも食事で利用できることでしょうし、美術館が市内にあって、美術の鑑賞も楽しめます。映画館や図書館などでも時間を使い楽しめます。駅も道路も整備されていて、交通の利便性がいいと思います。

 

田舎ではこうはいかないでしょう。やはりここはたくさんの人々に接しながら、自分の好きに便利な空間を自由に楽しんでみたいです。同じ東北の宮城県仙台市ほどでは、都市の大きさや人口はないのですが、それでも立派な町であることには変わりありません。

 

果物王国の異名があるそうで、桃や梨の栽培が大変盛んにおこなわれています。また市内に温泉が湧き出ていて、地元の住民は頻繁にこの温泉を利用しているそうです。先ほども触れましたが、鉄道は新幹線の駅があるので、東京や仙台にはあっという間に到着する位置にあります。このように、福島市には様々な魅力にあふれています。