札幌市中央区は住みやすいエリアです

北海道の都心部で生活されるならば、札幌市中央区で生活されることをお勧めします。札幌市は北海道経済の中心地であり、札幌市のなかでも中央区が中心となっています。

 

大企業の多くが札幌市に営業所や支社を設置していますし、北海道庁や札幌市役所も中央区に立地しています。このため、東京都心部や大阪からの転勤族や出張族と呼ばれるビジネスマンは、札幌市の中央区内でビジネス活動をしており、賑わいを見せています。

 

とくに中央区には、複数の大手家電量販店や百貨店、スーパーが出店していますから、買い物に不便することはありません。そして道路は碁盤の目のように整備されていますから、道に迷うことはありません。そして中央区に居住していれば、冬の大雪の季節でも地下鉄や地下街を利用することができますから、交通の便や買い物の面で不便を感じることは少ないです。

 

実際に、独身の女性が一人暮らしをすることを前提に考えると、マンションのエントランスにオートロックが設置されている分譲賃貸マンションが望ましいと思われます。そのほうが外部の人間や不審者が、勝手にマンション内に入ってくることは難しいためです。

 

中央区では、ワンルームの分譲賃貸マンションは多く供給されていますので、家賃は低いです。築20年のマンションで、広さが20平方メートル程度ならば、管理費込みで月額2万5000円程度で借りることができます。この金額の月額賃料ならば、毎月の手取り収入が15万円程度でも、十分ゆとりのある生活を送れると思います。