茨城に住むなら取手やつくば、次に水戸がおすすめ

水戸は茨城の中では開けている方で店も多くありますが、水戸駅そのものから徒歩圏内でないと生活に便利とは言い難い部分があります。

家賃は水戸駅から徒歩10分圏内で3万円近辺のアパートはいくつか検索できるはずです。東京までは常磐線の特急で1時間20分程度とかなり遠く、普通運賃だけでも2000円以上かかってしまうので注意が必要です。

 

取手駅は水戸駅近辺ほどではないですが十分に開けているところで、水戸駅と比べてだいぶ都心に近いところが利点で、東京駅までは常磐線一本で普通料金の列車で54分、720円でいけますし、家賃に関してもワンルームで徒歩10分圏内で3万円台から探すことができます。

 

つくばエクスプレス終点のつくば駅周辺もかなり開けているところで大型スーパーなどもあります。

こちらはつくばエクスプレスを始発から利用できるため着席したまま都心へ行けるというメリットも有り、つくばから秋葉原までは45分の所要時間となっていて、運賃は1190円となっています。(私鉄一本で秋葉原へ来ているためほかへ足を伸ばすと運賃は初乗りのためやや上がります)家賃はつくば駅から20分圏内のところで2万円程度とかなり安くなっており、家賃をもう少し高めに設定して駅に近づけることも可能でしょう。

 

水戸と取手の中間的な案としては土浦があります。水戸や取手よりは都市規模が小さく、東京まで1時間10分1140円で家賃は2万円台からあり、近隣の荒川沖は更に安くなっています。