住みやすい荒川区と東京に住む際に住宅を選ぶ注意点

東京は便利な所であるのですが、都心であればあるほど家賃は高くなりがちです。そのために安く住むためには多少都心から離れた方が良いことが多くあります。しかし東京は交通なども良く、どこにいても意外と都心には行けるような環境でもあるのです。

 

そこで安くて住みやすさを併せ持つのが荒川区で、西日暮里を中心にどこかに行くことが出来る所に住めばどこでも行けるようになっています。西日暮里には都心を周回している山手線があるので、そこから東京駅から新宿、上野といった東京を代表する都市に簡単に行けるようになっているので、ほぼ都心をカバーすることが可能です。

 

東京以外の都心でも京浜東北線を利用することで埼玉や横浜といった他県の都心部分にもこれに乗るだけで行くことが出来るようになっています。また、区内においてもショッピングセンターなどがあるために、日常の買い物には問題なく利用することが出来るようになっています。

 

東京は近代化が進んでいますが、荒川区には都電などもあるので昔ながらの情景などを楽しむ所が出来る所もあります。そのためにいつもと違った風景を楽しむことが出来たりするなど、若い方からは斬新なものに感じ、年配の方でも懐かしい風景などを堪能することが出来る所であるのです。

 

しかし東京には多くの住みやすい地区があるのですが、中々安い所を見つけるのが難しいために、都心ではなく多少遠目で見つけるのも良いものとなっています。注意点は人口も多いので電車や車の場合には混むことも多いので気を付けることですが、どこも住みやすいので色々な所を見ると良いでしょう。